オートレースのコーナリング

よく目にする二輪のコーナリングは、乗り手がシートからカーブ内側に傾斜するような型、車体に引っかかっているような姿勢で曲がり切る「ハングオン(これはハングオフが正しい)」だと思います。

この形であれば車体を大きく倒すことなく遠心力に拮抗できるのです。

ヒザで射程傾斜角度を図ることも出来、安定した旋回が可能なのです。

モーターサイクルレーシングでは、この方法で回っています。

しかしオートレースにおいてのコーナリングは、この形は使われません。

バンクさせた車体の中心線より外側にある形でコーナリングを行う「リーンアウト」をとっています。

車体を大きく寝かせ、乗り手の上体が起きている格好です。

なぜこのように違いがあるのでしょう。

まずはレースの特性の違いにあるでしょう。

オートレースは順位を競いますが、速さを競っているわけではありません。

順位を競うのですから、速いに越したことはありません。

しかし去年よりもより速く!といった向上が望まれるものではないのです。

このリーンアウトはバンク角事態が大きくなるので、コーナリングの速度は遅くなります。

しかしスリッピーな路面を走る場合、リアタイアがスライドしたときの対処が容易となる利点があります。

身体を立たせているので、コーナーでの見通しも良くなります。

オートレースはもともとが未舗装のコースで行われていましたから、タイヤのミューを低くする必要がありました。

そうなればグリップよりもスライドのコントロールを重視しなければなりません。

左右非対称の車体ということも、常にこの点を重視した結果でしょう。

ハングオンでは、このコントロールは不可能です。

コードバン長財布

モーターサイクルレーシングでは

一方モーターサイクルレーシングにおいてこのリーンアウトで回れば、トラクションがかけにくくなってしまいます。

バイクは寝かせれば寝かせるほどに、タイヤのグリップが低下します。

しかし遠心力に拮抗するには寝かせることが必要です。

もともとタイヤのミューは大きな車体ですから、ハングオンは理にかなっています。

あの車体で路面との距離が広がるリーンアウトでは、恐怖心を扇ぐことにもなると思われます。

ということを、オートレースを見ていて考えていたのですが、当たらずとも遠からずではないでしょうか。

お道具というのは、必要に応じてその方向に発達していくものですね。

Theme by RoseCityGardens.com