少年楽団

ちんどん屋さんは江戸時代、とある飴屋さんが口上の巧みさから寄せの呼びこみを依頼されたことに始まるとされています。

そこから街頭宣伝業は起こったと考えていいでしょう。

明治の時代となり大型店舗などが現れると、今度は「楽隊」などを使った街頭宣伝を行うようになります。

明治42年になると新しい文化的生活を提唱する「百貨店」が、少年楽団を作ります。

まず東京三越百貨店が「三越少年音楽隊」を創設します。

大正元年には大阪三越少年音楽隊、京都大丸少年音楽隊が誕生しました。

百貨店や大型店舗が少年音楽隊を持つということがちょっとしたブームとなったのです。

「男の子だけ」の楽隊に退校して、白木屋は「女の子だけ」の白木屋少女音楽隊と作り、大正2年には「宝塚少女歌劇団」が誕生したのです。

この宝塚少女歌劇団はいまの宝塚歌劇団となってゆきます。

尋常小学校をでたばかりの少女たちは、大卒と同じお給料を貰って舞台に立っていました。

日本の音楽を作った

この少年・少女音楽隊は、日本の音楽シーンにおいて、大変重要な役割を果たします。

少年楽団が、ハイカラな雰囲気を日本にもたらしたことはもちろんです。

文化的な生活を提案し続けることを使命としていた百貨店の有り様を大きく支えました。

それ以上に日本の音楽の発展に寄与したのです。

少年音楽隊の出身者は、ジャズや軽音楽を中心とした作曲や編曲に携わったり、プロの演奏家となる人も多くいました。

大正に入ってからは流行歌の作曲や、ダンスホールでの演奏、劇場や映画館の音楽演奏などの場でも活躍することとなったのです。

大阪御うなぎ料亭「出雲屋少年音楽隊」は、作曲家の服部良一氏を輩出しました。

「一杯のコーヒーから」や「東京ブギウギ」の作曲家といえばピンと来る方も多いでしょう。

服部氏は「出雲屋少年音楽隊」に1番の成績で入隊したそうです。

第一次大戦にはいって、この楽団は解散してしまったようですが、商人になることを当たり前とされていた服部氏のその後の人生を大きく変えました。

また今の東京フィルハーモニー交響楽団も、明治44年に発足した名古屋の「いとう呉服店」の音楽隊が由来です。

昭和13年に東京の「中央交響楽団」として活動しはじめ、戦後の昭和20年に「東京フィル」という名称となりました。

Theme by RoseCityGardens.com